北欧デザイン家具・その才能豊かなデザイナーとほっこりとした魅力

北欧デザイン家具・その才能豊かなデザイナーとほっこりとした魅力

北欧の家具や雑貨が日本に浸透してからどれぐらいの時間が経ったでしょうか?
北欧と言えば「デザイン」というように、北欧デザインは日本で確実に地位を築いています。
北欧発祥の家具量販店が日本にも展開していますし、マリメッコ(marimekko)などの北欧ブランドもひじょうに人気です。
 
日本で北欧デザインやブランドが受け入れられた背景には何があるのでしょうか?
北欧デザインの特徴をチェックした後、北欧家具や北欧を代表する著名な家具デザイナーについてご紹介します。
 

北欧デザインの特徴と魅力

北欧デザインや北欧ブランドが、日本でこれだけ受け入れられていることには理由があるはずです。
世界の地域や国々で、言葉や習慣、衣食住のスタイルは異なります。
また、そうした違いはデザインにも影響し、たとえば日本なら日本の風土が、長い時間をかけて独特なデザイン文化を育みます。
 
北欧諸国は冬が長いことで知られています。北欧諸国は高緯度に位置するため、冬は太陽が昇っている時間が6時間程度しかありません。
さらに緯度の高い北極圏に近いエリアになると、冬の昼間はうっすら明るい程度で、冷え込みが厳しくなります。
 
北欧のデザインは、かんたんに言うと「シンプル」で「暖かい」。
この二言は北欧デザインを端的に表す最高の言葉です。もちろんそれだけではありません。配色にも特徴があります。
よくアースカラーと呼ばれますが、自然に関わりのある色、たとえばグリーンやブラウン、ブルーなどの「やさしい」カラーが使用されます。
 
  • シンプルで
  • 暖かくて
  • やさしい
 
という北欧デザインの特徴は、北欧の自然や気候が多分に影響したものであり、その「ほっこり」とした味わいが日本人にも受け入れられたと言えるのではないでしょうか?
また、北欧では「良い物を長い間使う」という、古き良き日本にも通じる習慣があるそうです。
そんな特徴が、私たち日本人が北欧デザインに共感を覚えるところなのかもしれません。

北欧デザイン家具の通販ならカグコレクション